コンドームが破損した場合

あなたは避妊に自信を持って性行為ができていると確信していますか?コンドームを過信できないのですよ。

避妊の為にコンドームを着用したにもかかわらず、ゴムが破損している事もあるのです。

性行為に夢中で、コンドームが外れている事にも気が付かず射精をしてしまう事もあるのです。

避妊が充分ではなかった・・と気が付いた時、妊娠の可能性を疑わなければなりません。

妊娠しているかどうか?確認できる時期まで待つのは感心できません。

少しでも、避妊に自信がない性行為を行った場合は、モーニングアフターピルを使用してください。

ピルに関して、日本は少し遅れているかも知れませんが、世界の国々ではモーニングアフターピルは認知度が高いのです。

モーニングアフターピルと言うのは、予想外の事態に対応できる避妊薬で、射精後72時間以内に服用すれが効果はあります。

72時間以内とは言え、早く服用をした方がより一層避妊効果が期待できます。

モーニングアフターピルの服用方法には、一回の服用後から12時間後にも服用をするタイプもあるので使用方法をみてください。

卵子と精子がタイミングよく出会った場合に妊娠をしますから、敢えて精子が卵巣に着床しないように働きかける薬なのです。

女性の身体のホルモンを乱す事で、妊娠を避ける効果があるのがモーニングアフターピルだと覚えておいてください。

モーニングアフターピルと言うのは、錠剤になっており、薬ですので副作用として吐き気が主にあるようです。

望まない妊娠をするよりは、少々副作用の吐き気があったとしても、それは乗り越えて欲しいものです。

ただし、服用したピルを吐き気があるからと言って、同時に吐き出さない事を願いたいものです。

今の時代には、このような避妊薬があると言う話です。