自然に反すると考える人

宗教的な関係上、意図的な避妊行為を否定する、一部の人々がいます。

意図的な避妊行為と言うのは、ピルの使用を意味しており、妊娠しにくい時期に、夫婦関係を持てば自然な避妊と解釈しています。

快楽を目的としてセックスをする事は、どうやら否定的な考え方があり、性行為そのものに罪の意識を持っているようです。

ただし、子孫を残す為にセックスは必要である為、その場合は、快楽を求めていない正当な行為であると言う認識なのでしょう。

また、別の意見として、性欲はあって然るべきだが、家庭内の経済状況によって、家族計画をするべきだと言う意見があります。

現実的に考えると、避妊をせずに子だくさんになってしまっても、生活が成り立たない場合もあるはずです。

それぞれの家庭環境によっては、妊娠を望まない、または望めない場合もあり、避妊はするべきと言う意見もあるのです。

無責任に妊娠をした結果、中絶するような事になっては、それこそ悲劇ではないでしょうか?

何よりも、女性の身体への負担を考えると、自然に任せて妊娠を繰り返すと言うのは、無理があり過ぎるでしょうね。

快楽が目的であろうと、そうでなかろうと、「妊娠」と言う現実を、受け止めらる責任があるのかどうかが問題だと思います。

一般的に避妊を肯定している人々が多いのが、現代社会だと言えるでしょう。

避妊方法として、ピルを積極的に服用している人々も増えてきている時代になってきました。